場面かんもく相談室 いちりづか

子どもが園や学校で話していないことに気付いたら

「いちりづか」は場面緘黙専門のオンラインの相談室です。

場面緘黙の症状は、適切な対応によって
必ず改善させることができます。

「場面緘黙を治す」「話せるようになる」ための
最も効果的な方法を、
一緒に考えてみませんか?

「家では元気におしゃべりをしているのに、園や学校では話すことできない」

 これは「場面緘黙(ばめんかんもく)」と呼ばれる症状かもしれません。

 

保護者が、子どもが園や学校で話していないことに気付いたら、まず何をしたらよいでしょうか。

 

 

1.子どもの「緘黙症状」に気付いたら最初にすること:情報収集

 

子どもの「緘黙症状(話せないこと)」に気付いたら。

何か行動を起こす前に、まずはしっかり情報を収集することをお勧めします。

特に「子ども自身についての情報」を把握するのがとても重要です。

 

1)園や学校での状態を把握する

まずは子どもの園や学校での状態をしっかり把握しましょう。

担任の先生などから知らされて気付いた場合も、参観日などの様子を見て知った場合も同様です。

 

「緘黙症状」と言っても程度は色々です。

まったく話していない子もいますし、限られた相手には声が出る子もいます。

話せないだけでなく体や表情が固まってしまう子もいます。

 

園や学校での状態を把握するために、まずは先生方から詳しく様子を教えてもらうのがよいでしょう。

「もともと大人しい子だと思っていた」「家でもこんな感じだと思っていた」のように、先生から見ても問題に気付けないこともあります。

園や学校と情報を共有し、お子さんの状態の把握に努めましょう。

 

2)子ども自身からも情報を把握する

普段のお子さんの様子をよく観察することも大事です。

もし本人と話せそうなら、直接「話せないこと」について話題にしてみてもよいでしょう。

「話せないこと」だけでなく、動いたり学習活動をしたりなど、他にも困っていることがないかも確認しましょう。

 

3)「場面緘黙」についての情報を集める

保護者が「場面緘黙」について知ることも大切です。

症状の特徴や対応方法など、まずは基本的な情報をしっかり理解するように努めましょう。

 

 

2.「場面緘黙」の状態に当てはまりそうだと思ったら:身近な専門家に相談する

 

お子さんの状態が「場面緘黙」に当てはまりそうな場合はどうしたらよいでしょうか。

その時はすぐに園や学校の先生に相談するようにしましょう。

 

<担任の先生以外で相談できる相手>

・特別支援教育コーディネーター(学校内の特別支援教育の相談窓口)

・特別支援学級・通級による指導の先生

・養護教諭

・スクールカウンセラー

 

その他の「身近な専門家」に相談することもできます

・自治体の相談窓口:「発達相談センター」「子育て支援センター」「教育相談センター」など

・かかりつけの小児科

 

 

3.最初の段階で相談しておくこと

 

園・学校の先生や身近な専門家に相談して、どんなことを話したらよいでしょうか。

「話を聞いてもらって終わり」「ただの情報共有」にしないためにも、何を相談するのかを意識しておきましょう。

  

<この時点(最初の段階)で相談しておくこと>

・本当に「場面緘黙」の症状に当てはまるのかの確認

・普段の園・学校での関わり方(支援や配慮)

・普段の家庭での関わり方(してはいけないこと、した方がよいこと、など)

・園・学校との連携の方法の確認(相談方法や窓口の確認、次回の相談、など)

・今後の見通し(医療機関の受診、症状の改善方法の検討など、これから行うことの確認)

 

場面緘黙に詳しい人がいなかったら?

もし身近に場面緘黙のことをよく知っている人がいなかった場合、どうしたらよいでしょうか?

 

そういうときに、思いつきや経験に任せて対応するのは、とても危険です。

誤った対応をしてしまうと、緘黙症状を悪化させたり、長期化させたりすることにもつながります。

もし、事前に調べた場面緘黙についての情報とは明らかに違う内容を助言された場合は気をつけてください。

 

また、話し合いの結果、次のような話になってしまった場合は要注意です。

  

【要注意な対応】

・最終的な対応が「様子を見ましょう」になってしまった

・「心配しすぎ」「そのうちよくなる」という結論になってしまった

「話せないままでも大丈夫」という方向で話が進んでしまった

・「緘黙症状の改善」について話し合われなかった

・情報交換だけで、具体的な対応について話し合われなかった 

 

実際、このような内容で相談が終了してしまうことはよくあります。

これだと「話せるようになること(緘黙症状の改善)」に向けた取り組みが行われないままになってしまい、緘黙症状を長期化させる原因になります。

 

ですので、このような場合は身近にいる人だけで何とかしようとせず、場面緘黙に詳しい専門家を探すことをお勧めします。

 

緘黙症状改善のための計画を立てるのはいつ

「緘黙症状の改善」は、焦らずしっかりと計画を立てて行っていきましょう。

ですのでこの時点(最初の段階)ではまだ、具体的な計画はなくても構いません。

ここでは、「これから改善に向けて取り組んでいく」という意識が関係者間で共有されていれば大丈夫です。

 

緘黙症状の改善のための具体的な計画は、まずはしっかり支援体制や連携ができて、ある程度状況が分かってきたところで検討するとよいでしょう。

 

 

4.園や学校での対応の基本

 

園や学校での対応の基本は次の4点です。

 

 1.無理に話させたり声を出させたりはしない

 2.「話せないこと」以外の困ることにも対応する

 3.対応方法は本人の意見を聞いて考える

 4.症状の改善についても考える 

 

1.無理に話させたり声を出させたりはしない

場面緘黙の症状は「わざと話さない」のではなく、「話したくても話せない」状態です。

学校生活では音読や日直など、声を出すことが必要な場面もたくさんありますが、こういった場面でも声が出せないのが場面緘黙の症状です。

無理に話をさせるのは絶対にしてはいけません。

 

2.「話せないこと」以外の困ることにも対応する

場面緘黙の子のほとんどは、緘黙症状以外にもできないことがあります。

・筆談や、話すこと以外の非言語的なコミュニケーション(身振りや表情など)

・絵を描くこと、楽器の演奏などの表現活動

・運動、体を動かすこと、移動すること

食事や排泄

 

こういった問題がないかも把握し、支援や配慮ができるようにしましょう。

 

3.対応方法は本人の意見を聞いて考える

対応にあたっては、本人の意思がもっとも重要です。

例えば「音読ができない」という場合、どのように対応したらよいかは人によって異なります。

 

<「音読ができない」への対応の例※あくまで例です

・当てない、順番を飛ばす

・先生と一緒に読む

・クラスメイトと一緒に読む・少人数のグループで読む

・口パクだけできるように頑張る

・別室など別の場所で読む

・放課後など別の時間に読む

・音読を録音して先生に聞かせる

 

どのような方法がよいかは子どもによって異なります。

できるだけ本人の意思を確認して、判断するようにしましょう。

 

4.症状の改善についても考える

学校生活で困ることを全て配慮してしまうと、「話せなくても困らない」状態になってしまうことがあります。

場面緘黙の症状は適切な対応によって改善させることができます。

「話せなくても困らない状態」ではなく「安心して話せる状態」を目指すことが大切です。

 

ただしこの時点(最初の段階)では、緘黙症状改善のための具体的な計画はまだ検討できていないと思います。

ですのでこの段階では、「話せなくても困らない」状態になっても構いませんので、まずはしっかり支援や配慮を行うようにしましょう。

 

また緘黙症状の改善に取り組むときは、慎重に計画して進める必要があります。

行き当たりばったりで話す機会を作ったり、本人にとってできないことを無理やりさせようとしても上手くいきません

効果のある方法をしっかり検討して行っていく必要があります。

 

 

5.家庭での関わり方の基本

 

基本的な考え方は「4.園や学校での対応の基本」と同じです。

特に家庭での関わり方で気をつけてほしいのは以下の点です。

  

<しない方がよいこと・してはいけないこと>

・話せないことやできないことを責める

・無理に話す場面を作る・行き当たりばったりで練習の機会を作る

・他の人のいる前でできないことをさせようとする

 ・本人が嫌がることを無理やりする(録音を他人に聞かせる、など)

・「人と関わる経験」を増やす目的で苦手なことに挑戦させる

・「そのうちよくなるだろう」と思って何もしない

 

くり返しになりますが、場面緘黙の症状は「わざと話さない」のではなく、「話したくても話せない」状態です。

行き当たりばったりで話す必要がある場面を作っても、「話せない」という失敗経験になるだけです。

親戚や知り合いに挨拶させようとしたり、お店で注文に挑戦させようとするのも、(練習の計画として場合を除いて)やめた方がよいでしょう。

 

また「人と関わる経験」を増やしたいからと、本人の意思に反して習いごとなどに通わせるのもお勧めしません。

場面緘黙は「人と関わる経験」の不足から生じている訳ではありませんので、人と関わる経験だけを増やしても症状は改善しません。

話す練習を行う場合は、しっかり計画を立てて行うようにしましょう。

 

<した方がよいこと>

・本人の症状や状態をよく理解する

・安心して過ごせる環境・力が発揮しやすい環境を整える

・成功体験を積む・自己肯定感を育む

・本人から相談があった場合はよく話し合う 

 

他にもした方がよいことはたくさんありますが、まずは安心できる環境で力を発揮できることが大切です。

できることにしっかり目を向け、よいところを伸ばしていきましょう。

 

 

6.そこから先の対応:色々なことが分かってきたら何をするか

 

ここまでは、子どもが園や学校で話していないことに気付いたときの最初の対応について説明してきました。

 

そこから先は、基本的には「学校生活等で必要な支援や配慮をしながら、緘黙症状の改善を目指す」ことになります。

ただしそのためのやり方はケースバイケースです。

 

ですので、ある程度状況が分かってきたところで、改めて関係者で集まって緘黙症状改善のための具体的な計画を考えるのがよいでしょう。

本人も交えて、園や学校での緘黙症状の改善に向けた計画を考え、実践していってください。

 

 

7.気をつけるべき状況:「緘黙症状の改善」につながっているかが重要

 

もしここまで対応を進めてきて、次のような状態になってしまっていたら要注意です

(「3.最初の段階で相談しておくこと」で紹介したものと同じです)

 

・最終的な対応が「様子を見ましょう」になってしまった

・「心配しすぎ」「そのうちよくなる」という結論になってしまった

「話せないままでも大丈夫」という方向で話が進んでしまった

・「緘黙症状の改善」について話し合われなかった

・情報交換だけで、具体的な対応について話し合われなかった 

 

また対応が進んでいるようでも、次のような状態になっている場合は気をつけてください。 

 

・医療機関を継続的に受診しているが、学校で「話せるようになること」についての具体的な助言や対応がない

・カウンセリングに通っているが、学校で「話せるようになること」についての具体的な助言や対応がない

・特別支援学級等を利用しているが、「話せるようになること」についての具体的な対応がない

 

要点はどれも同じで、「話せるようになること(緘黙症状の改善)」についての具体的な計画や取り組みがない、という状態です。

 

このようなときは「一見何か対応しているようでも、緘黙症状は改善していかない」という状態になってしまいやすいです。

 効果のない対応を続けていると、せっかく早期に症状に気付けても、改善の時期を遅らせてしまうことになりかねません。

 「この方法で、園や学校で話せるようになるんだろうか?」という視点から、受けている治療や対応の効果を考えてみるとよいでしょう。