場面かんもく相談室 いちりづか

スタッフ紹介

「いちりづか」は場面緘黙専門のオンラインの相談室です。
「話せるようになる」ための具体的で効果のある方法を、
一人ひとりの状態に応じてご提案します。
高木潤野(たかぎじゅんや)

これまで研究や臨床を通じて、たくさんの場面緘黙の症状のある方に会ってきました。小学校に入る前の小さいお子さんから、社会で活躍している大人の方まで、様々な方からお話を伺ってきました。

 

場面緘黙の症状というのは本当に人それぞれです。またそれ以上に、その方がどんなことで困っているか、どんなことができるようになりたいかも人それぞれです。

 

ただどんな方でも共通して言えるのは、しっかりと計画を立てて進んでいけば、少しずつよくなっていくということです。

 

  

 どんなにせつなくても 必ず明日は来る

 ながいながい坂道のぼるのは あなた独りじゃない

 

 

場面緘黙改善までの道のりを、一緒に歩んで行くためのお手伝いができたら幸いです。

 

 

 

【経歴】

・博士(教育学)、公認心理師

・東京学芸大学大学院(博士課程)修了

・東京都立あきる野学園、長野大学、等を経て「いちりづか」を立ち上げる

・趣味は「街道歩き」と「読書」、最近は「ポケモンユナイト」(←一緒にやりたい方がいたらご連絡ください!)

 

 

【主な著書】

高木潤野「学校における場面緘黙への対応」学苑社、2017年

金原洋治・高木潤野「イラストでわかる 子どもの場面緘黙サポートガイド」合同出版、2018年

高木潤野「臨床家のための場面緘黙改善プログラム」学苑社、2021年

 

【連絡先】

ご連絡はお問い合わせフォームからお願いします。