場面かんもく相談室 いちりづか

【コラム】「カウンセリングに通っているのに、話せるようにならない!」

「いちりづか」は場面緘黙専門のオンラインの相談室です。
「話せるようになる」ための具体的で効果のある方法を、
一人ひとりの状態に応じてご提案します。

 

 「いちりづか」に相談のあるケースのほとんどは、こちらへの相談の前に地域の発達相談や教育相談、病院などにかかっています。

 中には、長期間カウンセリングに通っていても緘黙症状が改善していない、というケースもあります。

 

 

 

まずは身近な専門機関で相談を

 

 「いちりづか」ではオンラインで世界中からの相談を受けています。

 どのケースでも共通して助言しているのは、まずは学校としっかり連携することです。そして、学校だけで対応できない場合は、身近な専門機関に相談してみるのがよいと思っています。

 場面緘黙の問題を理解するには、本人のことを直接観察することが大切です。また、その方が住んでいる地域や学校などの環境を理解することも重要です。

 例えば保育園の朝の会の様子を観察したり、学校での授業の様子を観たりすることで初めて分かることもあります。ですので、身近な専門家が対応する方が上手くいきやすいと私は思っています※。

 

 ですがその中で、身近な専門機関にかかってもなかなか問題が改善しないというケースに出会うことも少なくありません。

 

※「いちりづか」では他の機関の紹介は行っていません。どこに相談したらよいかは把握していませんので、ご質問いただいていもご紹介することはできませんのでご了承ください。

 

 

 

身近な専門機関での対応が上手くいっていないケース

 

 身近な専門機関での対応が上手くいっていない例として、以下のようなケースに出会うことがあります。

 

・自治体の教育センターを紹介されてプレイセラピーを受けている。月に2回のペースで3年間通っているが、いまだにそこの担当の先生にも声が出せていない。

 

・地域の病院のカウンセリングに通っている。カウンセラーの先生とは早い時期から声で話せるようになったが、そこから広がっていかず、学校では相変わらず話せないままである。

 

・スクールカウンセラーの紹介で箱庭療法を受け始めた。毎回「よくなっていますよ」と言われるが、学校での緘黙症状は続いており、それについての具体的な助言はない。

 

・大学の相談室で大学院生によるカウンセリングを受けている。別室でのカウンセリングのためどのような内容か分からず、聞いても「守秘義務」と言われて教えてもらえない。

 

・医療機関を受診し、場面緘黙症の診断を受けた。話せないだけでなく体の緊張も強いためOT(作業療法)を受けることになった。OT自体は楽しいようで、しばらくして声も聞かれるようになってきたが、緘黙症状についてはOTの専門外ということで助言や対応が得られない。

 

 

 こういったケースに共通するのは、「学校(または園や職場)での緘黙症状の改善」を目指していないことです。

 場面緘黙の症状は多くの場合、学校や職場などの社会的な状況で生じます。家などの安心できる環境では話せる方がほとんどです。

 ですので場面緘黙の改善は、「学校で(またはその症状が生じている場で)話せるようになること」を目指して行う必要があります。 

 このため、場面緘黙の改善のためには、学校との連携が不可欠になります。専門機関が関わる場合であっても、学校で話せるようになるための計画を考えて実践していかなければなりません。

 

 

学校と連携した緘黙症状の改善をどのように実践するか

 

  では、学校との連携を具体的にどのように行っていったらよいでしょうか。上記の例を参考に考えてみましょう。

 なお、下記の内容は保護者を主な読者として想定しています。保護者が「専門機関に学校との連携をどう依頼するか」という視点で書いてあります。

 

 

・自治体の教育センターを紹介されてプレイセラピーを受けている。月に2回のペースで3年間通っているが、いまだにそこの担当の先生にも声が出せていない。

 

 この場合、「自治体の教育センター」というのは教育委員会の機関だと思いますので、学校との連携は容易なはずです。このケースで失敗してしまっているのは、「そこの担当の先生にも声が出せていない」という部分です。

 もちろん、緘黙症状のある方がカウンセリングの担当者と話せるようになっていれば、比較的簡単にカウンセリングを進めていくことができます。ですが、「担当者と話せるようになる」ことはあくまでカウンセリングを行うための「手段」であって、これ自体がカウンセリングの「目的」や「ゴール」ではありません。

 

 では「ゴール」とは何でしょうか。

 その子は「担当者と話せるようになる」ためにカウンセリングに通っているのではなく、「学校で話せるようになる」ことや「友だちと話せるようになる」ことを期待しているのではないでしょうか。

 ですのでこのケースでは、「担当者と話す」というのがすぐにはできそうにない場合は、担当者と話せるようになることは目指さず、「学校での対応」や「学校で話せるようになるための練習方法」などの検討に移っていった方がよいと思います。場合によってはカウンセリングに本人を連れて行かず、保護者と担当者だけでこの点について相談してみるのもよいかもしれません。

 本人が一緒にいると話しづらいことがある場合もあります。何が問題になっているか、解決すべき問題は何か、ゆっくり相談してみてください。

 

 

・地域の病院のカウンセリングに通っている。カウンセラーの先生とは早い時期から声で話せるようになったが、そこから広がっていかず、学校では相変わらず話せないままである。

 

 この場合は、すでにカウンセラーとは話せるようになっていますので、「学校で話せるようになる」ための練習について本人と直接相談していくことができそうです。

 こういったケースでよくハードルになるのが、専門機関と学校との連携です。専門機関は学校での様子が分からず、学校も専門機関で何をやっているのかが分からない、という状態になってしまうことがよくあります。

 なぜ連携が進みにくいかというと、「守秘義務」の問題や、出張・連携のための仕組み(ルールや予算)がないこと、などがありますが、一番の要因は「何となく連携が難しそう」とお互いに思っていることではないかと私は考えています。ですので、とりあえずできそうなことからやってみることをお勧めします。

 専門機関と学校との実際の連携方法は色々あります。勤務時間の問題などもありますので、実態にあった無理のない方法を相談してみてください。

 

・保護者から学校の様子を詳細に説明し、解決すべき問題を絞って検討する

・専門機関から学校に報告書や手紙を書いてもらい、学校に渡す

・カウンセリングに担任など学校関係者に同席してもらう

 ・専門機関側の担当者に出張して支援会議に参加してもらう

・オンラインで専門機関と学校関係者との面談の機会を設定する

 

 また、カウンセリングで話せるということは、「条件が整えば話すことができる」ことを意味していますので、学校での緘黙症状改善についても期待がもてます。

 カウンセリングで話せるというところから、「なぜカウンセリングでは話せるのか」「どのような条件なら話しやすいのか」(相手なのか、場所なのか、話す内容なのか、など)を詳しく検討していくのも有効な方法です。

 

 

 

・スクールカウンセラーの紹介で箱庭療法を受け始めた。毎回「よくなっていますよ」と言われるが、学校での緘黙症状は続いており、それについての具体的な助言はない。

・大学の相談室で大学院生によるカウンセリングを受けている。別室でのカウンセリングのためどのような内容か分からず、聞いても「守秘義務」と言われて教えてもらえない。

・医療機関を受診し、場面緘黙症の診断を受けた。話せないだけでなく体の緊張も強いためOT(作業療法)を受けることになった。OT自体は楽しいようで、しばらくして声も聞かれるようになってきたが、緘黙症状についてはOTの専門外ということで助言や対応が得られない。

 

 こういったケースでまず確認してほしいのは、そもそも「(学校での)緘黙症状の改善を目指しているのか」ということです。ですので担当者に直接、「緘黙症状の改善に向けた具体的な計画」を聞いてみるのがよいでしょう

 その上で、もし緘黙症状の改善に向けた計画や方針として納得できる説明がなければ、それらを続けていても緘黙症状の改善にはつなりません。そういう場合には、他の専門機関に相談してみることをお勧めします。

(3つ目のケースの場合は、緘黙症状以外の問題が主訴でありまずはそれにアプローチしている、ということもあります)

 

 

「専門機関で話せるようなること」は目指さなくてよいのか

 

 ここまで、学校での緘黙症状の改善が重要であることを指摘してきましたが、では「専門機関で話せるようになること」は目指さなくてよいのでしょうか。私は、それは必要ないと考えています。

 なぜなら、学校で話せなければとても困りますが、専門機関で話せなくてもあまり困らないからです。

 

 「専門機関で話せなければカウンセリングができない」という指摘もあるかもしれません。

 ですが、カウンセリングだけなら話せなくても行うことができます。筆談でも指さしでも頷きでも、何らかのコミュニケーションさえできればカウンセリングはできます。緘黙症状があってもカウンセリングはできます。

 

 私はこれまで何百人もの場面緘黙の方の相談を受けてきました。その中で初回から私と「声で」話せた方は全体の1割もいません。それでも何らかの方法でコミュニケーションがとれればカウンセリングはできます。話せなくても、初回から緘黙症状改善の方法を一緒に考え、実践することができています。

 最終的に緘黙症状が改善して相談終了となっても、私とは話せないままという方もいます。それでも、私と話すことが目標ではないので、全く問題ないのです。

 

 

 

もし本当に困ったら、ご相談ください

 

 

 「いちりづか」に相談のあるケースのほとんどは、すでに他の専門機関にかかっている方です。

 色々な専門家が関わってきたけど上手くいかない、というケースも少なくありません。そういう場合でも、詳しくお話を伺っていけば、必ず解決の糸口が見つかると私は考えています。

 

 「いちりづか」は「場面緘黙専門」の相談室ですので、他の専門機関で対応できないケースでも対応することができます。 

 身近な専門機関で上手くいっていなかったり、身近にあまり専門機関がなく困っているという場合は、ご相談ください。