場面かんもく相談室 いちりづか

【ブログ】「話せるようになる」ための500の方法

「いちりづか」は場面緘黙専門のオンラインの相談室です。

場面緘黙の症状は、適切な対応によって
必ず改善させることができます。

「場面緘黙を治す」「話せるようになる」ための
最も効果的な方法を、
一緒に考えてみませんか?
2024-03-13 09:00:00

【4月の第1週】1年間でもっとも重要な数日間

これまでの記事でも度々書いてきましたが、4月に向けての準備はとても大切です。

私はこの時期の相談ではいつも、4月の最初の週に何をするかについてはかなり具体的に説明しています。

 

 

新年度の始まりと新学期の始まりのタイムラグ

 

新年度が始まるのは4月1日。

学校の人事もこの日から新体制でスタートします。

一方で子どもたちにとって学校が始まるのは始業式や入学式。

4月5日前後のところが多いと思いますが、今年は1日が月曜日なので4月8日の学校もあるでしょう。

ここに数日間のタイムラグが発生します。

 

このタイムラグが「新しい環境での学校生活が始まる前に、新年度の情報を入手して準備をすることができる」唯一のチャンスです。

したがってこの数日間は、1年間で最も重要な準備期間だと言えるでしょう。

この期間にしっかり準備できるかどうかで、「話せる子」で新年度をスタートできるのか「話せない子」でもう1年過ごすのかが変わってしまうこともあります

 

 

このタイムラグを有効に活かすために

 

この数日間のタイムラグで準備できることはたくさんありますが、もっとも重要なのは担任の先生との相談です。

こちらの記事にも書きましたが、新しい担任の先生に情報をしっかり伝え、新年度の詳しいスケジュールを教えてもらったり、自己紹介の仕方を相談したりしましょう。

しっかり計画を立てて新学期を迎えれば、3月までは「話せない子」でも、4月から「話せる子」になることができるかもしれません。

 

そのために必要なのは、準備をしっかりしておくことです。

この数日間のタイムラグはとても短いので、4月になってから慌てて行おうとしても間に合いません

新年度が慌ただしいのは誰でも一緒なので、気がつけば3月までと同じ状態で新学期を迎えることになってしまうでしょう。

そのためにも、3月のうちから準備しておくこと

つまり「準備をするための準備」と言えますね。

 

新しい環境を「話せる子」でスタートさせるためにも、しっかり準備して新年度を迎えましょう。